2012,05,15
Japanese shape and wisdom that brings out the natural taste of rice.
釜定
羽釜
白米を炊くために昔から使われてきたお釜の原型を踏襲しながら、モダンなかたちを作った。外側は漆、内側は油焼という鋳物の伝統手法で仕上げてあり、ご飯がふっくらと炊き上がる。